「記憶」

 愛を囁く 夢のなかで
 愛おしい顔を浮かべながら

 愛を伝えて 私の身に
 重ねられる 手のひらに

 暖かい…

 愛し合い ぬくもりを頂戴
 躰の隅々にまで 染み込むように
 いつも感じていられる様に

 貴方の愛と優しさと そしてその全てを
 この身の細胞に刻むまで

著作;紫草


ようやく壁紙をつけることができました。
色っぽい内容に、ちょっと赤面。
紫草さんのHP「孤悲物語り」

前へ  たからものの箱へ戻ります  次へ

inserted by FC2 system