永井路子さんの本

・歴史小説全集 全17巻(中央公論社/1994〜1996発行)

 1巻「氷輪」
 2巻「美貌の女帝」(他「冬の夜、じいの物語」「裸足の皇女」「殯の庭」「恋の奴」
   「黒馬の来る夜」「水城相聞」「古りにしを」「火の恋」)
 3巻「雲と風と 伝教大師最澄の生涯」 (他「妖壺招福」「屍を負う女」「風の僧」「離洛の人」)
 4巻「王朝序曲」
 5巻「この世をば」
 6巻「望みしは何ぞ」(他「噂の皇子」「桜子日記」「王朝無頼」「二人の義経」「六条の夜霧」)
 7巻「波のかたみ 清盛の妻
 (他「右京局小夜がたり」「后ふたたび」「双頭の○(ぬえ・漢字は空に鳥の方)」)
 8巻「炎環/絵巻」(他「執念の家譜」「裾野」)
 9巻「北条政子」
 10巻「銀の館」
 11巻「山霧 毛利元就の妻
 12巻「姫の戦国」
 13巻「流星 お市の方
 14巻「王者の妻」
 15巻「朱なる十字架」
 (他「青苔記」「死ぬということ」「お菊さま」「わかぎみ」「裏切りしは誰ぞ」「関ヶ原別記」)
 16巻「乱紋」
 17巻「葛の葉抄 あや子、江戸を生きる/うたかたの」

・あ行

 「愛に生きる 古典の中の女たち」(角川文庫/昭和56年5月発行)
 「歴史よもやま話 葵を咲かせた女たち」(NHK出版/1999.10発行)
 「新装版 悪霊列伝」(角川文庫/平成11年9月発行)
 「岩倉具視 言葉の皮を剥きながら」(文藝春秋社/2008.3.発行)
 「女の四季、愛の四季」(集英社文庫/昭和61年12月発行)

・か行

 「一豊の妻」(文春文庫/1984.4.発行)
 「からくり紅花」(新潮文庫/1979.2.発行)
 「今日に生きる万葉」(文春文庫/1989.8.発行)
 「恋のうき世 新今昔物語」(文春文庫/1992.1.発行)

・さ行

 「女帝の歴史を裏返す」(中央公論社/2005.11.発行)
 「寂光院残照」(集英社文庫/昭和60年1月発行)
 「歴史よもやま話 戦国おんな絵巻」
  〔「葵を咲かせた女たち」の改題・加筆修正あり〕(光文社文庫/2004.11.発行)

・た行

 「旅する女人」(文春文庫/1993.3.発行)

・な行

 「永井路子の日本史探訪」(角川文庫/平成11年8月.発行)
 「にっぽん亭主五十人史」(文春文庫/1994.7.発行)

・は行

 「はじめは駄馬のごとく ナンバー2の人間学」(文春文庫/1989.4.発行)
 「美女たちの日本史」(中央公論社/2002.6.発行)
 「平家物語の女性たち」(文春文庫/1979.2.発行)
 「平家物語を旅しよう」(講談社文庫/1998.1.発行)

・ま行

 「万葉恋歌」(角川文庫/昭和54年7月発行)
 「源頼朝の世界」(中公文庫/1982.11.発行)
 「元就、そして女たち」(中央公論社/1996.10.発行)

・や行

 「闇の通い路」(文春文庫/1998.6.発行)
 「よみがえる万葉人」(文春文庫/1993.8.発行)

・ら行

 「歴史の主役たち 変革期の人間像」(文春文庫/1998.6.発行)
 「歴史の眠る里へ」(PHP文庫/1993.3.発行)

・杉本苑子さんとの共著

 「ごめんあそばせ 独断日本史」(中公文庫/1988.1.発行)
 「『時代』を旅する」(文春文庫/2000.1.発行)

・その他

 「大奥花伝」縄田一男編『天璋院 守備型女性のナンバー・ワン』 (文春文庫/平成18年11月発行)


本のはこへ戻ります inserted by FC2 system